コラム

感謝の魔法#2 「ひっつき虫にありがとう」

 

こんにちは。

大人の絵本作家・絵と詩のアーティストのもとっちです。

身の回りのアイテムに感謝をささげるコーナー、「感謝の魔法」第二回。

本日、感謝をささげるのは、こちらのアイテムです!

「ひっつき虫」

(KOKUYOさんから発売されている、練り消しゴムのようなソフト接着剤です)

 

シーーーン、、、。

という沈黙を勝手に感じるほど、知らない人がほとんどだと思う、世の中にあまり知られていないアイテムなのですが、これがないと個展をすることができないと言っても過言ではないほど、絵描きの自分にとって、重要アイテムなのです!

なのに、まったくそのすごさが世の中に知られていない。。

 

だからこそ、毎回個展を設営するたびに「ひっつき虫」のパワーに支えられている私が、シャウトしてあげたい!

ということで、感謝をささげさせていただきます!

 

「ひっつき虫」へ

ありがとうー!

(あー、すっきりした。)

 

例えば、賃貸マンションで壁にポスターを飾りたいけど、押しピンの跡をつけたくない時ってあるじゃないですか、そんな時に「ひっつき虫」があれば、もう悩むことはありません。

そのまま練り消し状の「ひっつき虫」を練って、少量を壁に貼り付けたら、「魔法かっ!」っていうレベルでピタッと、ポスターを貼り付けられます。

しかも剥がす時も、「ひっつき虫」どうしはくっつき合うという習性(※もとっち調べ)があるので、練り消し状のひっつき虫で、ポンポンポンっと貼りつけた跡を叩けば、ジャーン!元どおりです。

 

感動レベルなんですよー!

しかも何回でも繰り返して使えてしまうんです。

 

個展会場だと、絵のタイトルなどの説明文が書いてある「キャプション」っていうものがあるんですけど、それを壁に貼りつけたり。

自分の場合は、小さな額なしで飾るような作品は、そのまま「ひっつき虫」で壁に貼り付けて展示してしまったりします。

※絵描きで、トライしてみようという方は、自己責任でお願いしますね。自分は、そのパワーを過信しすぎて、一回ポスターサイズの額を「ひっつき虫」で壁に貼り付けてみて、落下させてしまったことがあります。さすがに額に入れたような重量が一定以上あるものは、ムリですね。。

額を壁に貼り付けることは、さすがにできないですが、額の裏面の角に「ひっつき虫」をつけて壁とくっつけてあげれば、額をキレイに固定できます。

ひもだけで水平に飾るのって難しいのですが、「ひっつき虫」を使えば、楽に水平を保たせられます。本当に縁の下の力持ちみたいな、頼れるやつなんです。

完全に回し者と化してますが(笑)「ひっつき虫」に感謝をささげたい、というのは常々もっていた気持ちで、今日それを発表することができてスッキリしました。

(爽やかな気分だー。。笑)

 

知らない方には「なんのこっちゃ」という話でごめんよ。。でも、もし何かを壁に貼り付けたい時は、頼れるアイツの存在を思い出してください。

(その「ひっつき虫」で貼り付けてもらえるのが、自分のポストカードや、フライヤーだったらどんなに素敵なことだろう。)

っと、妄想して「感謝の魔法」第二回を終わりたいと思います。

 

読んでくれて

ありがとー!!

今日の一枚「ゴロタは読書中」

感謝の魔法#1 「好きなものにありがとう」こんにちは。 絵本作家・絵と詩のアーティストのもとっちです。 とつぜんですが、「ミニマリスト」とか、「断捨離(だんしゃり)」...
心詩〜kokorouta~ Vol.2 ...
4月東京個展開催決定!