News

各駅停車ほうき星線 大阪会場のご案内

バナー

 

秋の個展ツアー「各駅停車ほうき星線」

魔法のバス「ハーティ」に乗って、絵本の世界に出発進行!

 

今回の個展は、これまで制作してきた絵画作品と、そこで描いてきた物語の世界を

もとっちとオッドアイの猫「シロ」が車掌をつとめる「魔法のバス」で巡る

2016-2019の活動の総集編的なアーカイブ展になります。

 

「涙と雨の停留所」「休息の停留所」「感覚の停留所」そして終点の「ラブターミナル」まで、魔法のバスを運行いたします。

どうぞ、ワクワクする心をポケットに入れて、谷町6丁目に3日間だけ開く

魔法の扉を開けにきてくださいませ。

 

会期(大阪)

 

12/20(金)〜12/22 (日)3日間

〜大阪発・心の宝島行き〜

【OPEN】

12/20(金)11:0018:30

12/21(土)11:0018:30

12/22(日)11:0017:00

(※最終日の閉場時間のみ、他日程と異なっておりますので、ご来場の際はご注意くださいませ)

 

会場

ミライエ ギャラリー

〒542-0062 大阪市中央区上本町西2丁目6-22

大阪市営地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目駅」3番出口より徒歩5分

入場について

入場無料です。

※入場チケット等はありません。

会場へお越しいただき、そのままご入場くださいませ。

全日程、オープンからクローズまで作家(もとっち)が在廊して、絵本の世界をご案内いたします。

どなたにもオープンな個展です。

 

【車イスでのご入場について】

会場内には、15〜20cm程度の段差が3段ありますが、ご入場ご観覧の際はもとっちがサポートさせていただきますので、ご心配なくお越しくださいませ。

事前にご入場に関して、ご相談されたい場合は

お問い合わせフォームまたはLINEから、お気軽にご連絡ください。

 

お問い合わせ

【メール】 コンタクトフォーム

【LINE】 ID「@motocchi」※QRコードは↓です。

LINE@QRコード

 

開催に向けてのメッセージ

あらためて、11/7から4DAYS、東京で開催した個展
「各駅停車ほうき星線 (東京発心の銀河行き)」
無事に会期を終えることができました!

いろんな意味で「変わっていくものと変わらないもの」を
作家として表現できた個展になったと思っています。

東京の茅場町のあの空間は、自分のアートにとって「ホーム」と言えるほど
時間を重ねてきた場所の一つなんだけど
変わらずにずっと2016年からきてくれている人と、途中で別の道に進んだ人と
ふらっと、また訪れてくれた人と
時の流れの濃厚さと同時に、そういう人生の
いろんな移り変わりというか交差点というか
それをリアルに感じることができた個展でした。

ずっときてくれてる方の人生も、少しづつ変化していて
その傍らに、自分のアートがいさせてもらえることの嬉しさとか
ありがたさを心の底から感じました。

なんかね、そろそろあえて言葉にする必要がある気がするんだけど
自分は、個展にずっときてくれてるみんなのことを
お客さんとは思ってなくて
(個展主催していて、イベントにお招きしている以上「お客さん」ではあるんだけどさ、、、笑。ややこしいね)
「トモダチ」だし、「ほうき星線」に乗ってくれてる「仲間」だと思ってます。

今回の個展ってすごく、それを表現したかった。
ありがとうって気持ちを込めてね。

そして今回もね、やっぱり横浜パワー(笑)すごかった。
前回の横浜個展が、横浜と自分のアートの間に
とても強いつながりを生み出してくれた気がしてます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

motocchi(@motocchi_art)がシェアした投稿


次は大阪だね。

本当に楽しみだし、今年のゴールを大阪に設定したのには自分的に意味があって。
わずか半年前のことなのに、もうはるか昔に感じるけど
実は6月の大阪個展で救われたんだ。

アーティストとして、今自分がこうして立っていられてるのは
大阪個展のおかげなんだ。

ボロボロだった自分を、あの場所に集まってくれたみんなのハートが
癒して、そしてまた立ち上がらせてくれた。

詳しくは書けないけど、あの時人生の波に飲み込まれて
ノックアウト寸前だったから。

あの時はさ、6月の大阪個展終わったら
以前に務めてた会社に頭下げて、また昼間の仕事探そうかなってすら思ってたんだ。

時々人生にやってくる「挫折」そのものだった。
掲げた夢と現実の間で「生きる」ってことのリアリティがどーん!っとやってきて
それまで培ってきたバランスが否応なしに崩れて
自分がそれに足掻こうとすればするほど
何もかもが立ちいかなくなる、そういう状況だった。

 

でもそこで起きた挫折からの再起って、本当にドラマチックでさ
アーティストとしての生き方を体験として、学んだんだ。

自分ができることと、できないことを知って
波にあらがうのではなく、受け入れて波に乗っていくってことを知った。

精神的にもさ、あの時の体験が自分を更新してくれたんだ。
フレッシュな感覚を、自分の人生とアートに取り戻せた。

 

だから、大阪に心から感謝してる。
あの会場に集まってくれたみんなに心から感謝してる。
その気持ちをね、今年の最後に自分の個展を持っていくことで、表現したいんだ。

久々にとても長い文章になってしまったけど、、(スマヌ笑)
そんな感じで決意を新たにしている、今日この頃です。

Thanks!

2019.11.16 motocchi

秋の個展ツアー2019 東京・大阪で開催決定!