大人の絵本

アイオカ・アイランド・ストーリー 第3章「ルンタッタの草原」

目次

草原のおき

ちっともの森を後にした僕らは、島の西側に広がる草原地帯を目指した。

その日はとても天気が良くて、気持ち良い風が吹いていた。

ルーナは時々、歩きながら踊った。彼女は風と遊ぶように踊った。

指先でつかまえた風を、肩までのぼらせて、頭のてっぺんから空にかえすような、そんな不思議な踊りだった。

気がつくと、僕も彼女の踊りにつられて、軽くステップを踏んで歩いていた。

草原地帯につくと、一匹の風変わりな犬が、かけよってきた。そして、僕らの周りを一周すると、こう言ったんだ。

「あなたを待ってたよ、ルーナ。それから、君の相方は、えーっと、ソルだね。」

僕とルーナは思わず目を合わせて驚いた。

「君はなんで僕らの名前を知ってるんだい? 」

思わず僕が尋ねると、風変わりな犬はすぐに答えてきた。

「風が運んできて、教えてくれたのさ。今日は君たちが歩いてきた森の方角から、良い風が吹いてるからね。 」

風変わりな犬はかぶっていた、だいぶ年季が入った(でも、しっかりとした生地で仕立ててある)ハットをとって、まるで舞台の役者がするようなポーズで挨拶してくれた。

「レディース アンド ジェントルメン。今日ここでお会いできて光栄だよ。だって、こんなにいい天気の日に、君と君と僕は、はじめて出会えたんだ。これって、すごいことじゃない?僕はルンタッタ。この草原の番人だよ。太陽が登って、夜が眠りを連れてくるまでの間、草原を守るのが僕の仕事さ。この草原にはひとつだけ掟があるんだ。」

「それはね、受け取るってこと。遠慮せずにね。それがここの掟。 」

彼はそう言うと、一本の花をルーナに差し出した。

「うれしいわ。ありがとう。」

ルーナがそう言って、丁寧に花を受け取ると、彼はこう続けた。

「降り注ぐ太陽の光も、気持ち良く吹き抜ける風も、草原の緑も、みんな受け取っていいんだよ。遠慮せずにね。レディース アンド ジェントルマン 君達のために今日の草原は貸切だよ、一緒に遊ぼう。 」

僕らはそれから、ルンタッタと遊んだんだ。お気に入りの葉っぱを見つけたり、流れていく雲の形を、動物に見たてて当てっこしたり、草原に寝転んで、ゴロゴロ転がったり。

それだけで、なんだかおかしなくらいお腹をかかえて笑えたのは、もしかしたら底抜けに気持ちいい、この日の天気のせいだったのかもしれない。

僕らはまるで子供に戻ったみたいに、笑い転げて、時間を忘れて楽しんだんだ。

僕らは遊び疲れて、草原に大の字になって、寝転がって眠った。草原はまるでフカフカのベッドみたいだった。柔らかな風が、ゆりかごを揺らすみたいに、僕らの髪をなでていった。

僕らは昼寝から目覚めると、草原を後にした。ここでも、虹色の鳥の手がかりは見つからなかったけど、草原の心地よい風に吹かれて、少し変わった不思議な紳士と遊んだことを、僕らはきっと忘れないだろう。

ルンタッタは、別れ際にクッキーを一箱取り出してきて、こういった。

「島の北西にビーチがあるんだけど、そこに友だちがいるんだ。もしよかったら、このクッキーを届けてくれないかい?きっと今日は天気がいいから、彼は海を眺めていると思うんだ。」

僕らは手渡されたクッキーを届けるために、そのビーチを探して歩くことにしたんだ。

第4章「ゴロタのビーチ」につづく

アイオカ・アイランド・ストーリー 第4章「ゴロタのビーチ」 目次 第1章「ソルとルーナ」 第2章「ちっともの森」 第3章「ルンタッタの草原」 第4章「ゴ...

最近の投稿