welcome!

このサイトの管理人のmotocchi(もとっちです)

 

このページを開いてくださったってことは、きっとmotocchiがどんな人なのかを知りたいって、思ってくれてるってことだと思うんですけど、自分がどういう存在なのかを書こうとすると、自分自身なかなか言葉ですっと表せない部分がありますね。。(いきなり白旗あげてる感じで、スタートしちゃってゴメンよ、、。)

 

「絵本作家」とか「絵描き詩人」とか、それらしい肩書き的なものは、一応いつも書いてるんですけど、本当はそのどれでもあって、どれでもないことをやっている気持ちなんです。

 

自分にとって、アートってとても個人的な体験だと思っているんです。

飾ってある絵や、作品そのものに価値があるわけではなくて。

表現を媒介にして、見てくれている人の心の内側で起こる出来事や体験に、価値があるのだと思っています。

 

絵を見たり、音楽を聴いたり、踊ったりしている時、人は洋服を脱いで裸になって、肉体を抜けだして、心だけになれる。

 

そう思っているんです。

 

静かに絵と向き合っている時でも、ライブで音のシャワーを浴びている時でも、月明かりの下でリズムに合わせて踊っている時でも、求めているのは心だけになる感覚。

 

いろんな考え方があると思うんですけど、自分はその「いろんなものを脱ぎさって行って、裸になって、心だけになる」体験が、アートだと思っています。

 

 

そこまでの道先案内人が、自分の仕事なんです。

絵を描いたり、詩を書いたり、絵本を作ったり、音楽を奏でたり、個展をやったり。

自分がやっている活動の全ては、アートを通じたその「個人的な体験」が始まるまでの道先案内なんです。

 

でも、それをそのまま書いちゃうと長すぎるし(ちょっとあやしげかもだし、、笑)意味がわからないので、、。

「絵本作家」や「絵描き詩人」とか、そう言う風に名乗っていたりします。

 

 

自分の心に触れることって、当たり前のようでいていそがしい現代社会ではそれがなかなか難しいからこそ、絵や詩や音楽を通じて、そういう体験をするお手伝いができたらと思っています。

 

 

ある時からふっと自分の元にやってきたインスピレーションに導かれて、そういう活動を始めたわけなんですけど。

なんでそんなことをしているのかって言ったら、元気になってほしいんですよね、大人に。

 

人間の中にある優しい心だったり

正しいことを正しいと言える心だったり。

自分以外の誰かとつながるための、柔らかい気持ちの通路だったり。

楽しいことを楽しいと感じられる心だったり。

 

そういう柔らかい人間の心を「天使」とたとえるなら、悲しいけど一面ではそう言う「天使」が、心を痛めてしまうような世界だと思うんです。

今の人の世の中って。

 

大人になることはそう言う「天使」を失うことだと、これまでの時代の大人たちは言ってくるかもしれないけど。

自分はそうは思っていなくて、人間の中にある「天使」の部分を、もっともっと輝かせて、羽ばたかせて、力を発揮させて行くことが、新しい時代の大人の役割だと思っています。

 

 

「人」ってもしかして、目に見える姿は世を忍ぶ仮の姿で、本当は「天使の見習い」なんじゃないかなー?って思ったりします。

えっ。。ちょっとファンタジーが過ぎるって?(笑)

 

でも、普通に考えて動物としてちょっと変わってませんか?人間って。

 

 

ライオンのようなキバもなければ、アルマジロのような鎧も持たずに、生身の体ひとつで、ひとりでは生きていけない弱さを持ってこの地球の上に生まれて。

 

長い長い時間をかけて、人と人との間で経験を積んで、学んで成長して。

 

悲しんでいる誰かを慰めたり、喜びを分かちあったり、心で共感することができたり。

 

生きる意味について考えたり、誰かを好きになって愛に悩んだり。

 

失敗や挫折を経験して、手を差し伸べてくれる人の優しさを知ったり。

 

言葉や想像力を使って、まだ見たことがないものを想像できたり。

 

夜空に星座を描いたり、ついにはロケットに乗って宇宙に行って、月までたどり着いたり。

 

etc…っていう風に並べて行くだけで、ちょっと個性的な動物すぎませんか。。(笑)

 

 

そのことに意味がないとは、自分は思えないんですよね。

 

地球の上に人として生まれてきたことには、きっとちゃんと意味があるんだと思うんです。

 

もちろん人生、山あり谷ありで、良い時ばかりじゃないし、落ち込む時もあります。それでも一歩一歩自分にしか歩めない道を歩いていくことには、やっぱり意味があると思っていたいなーって。

 

そう思えば、ハードな時も乗り越えていける気がするし、人生という冒険の旅を前に進めるための、勇気と元気が出てくる気がします。

 

そんなわけで、自分の内なる「天使」を見失わずに、同じ時代を生きてる心の形が似ているみんなの心に、アートを通してエールを贈りたいなーって思ってます。

 

 

 

このホームページでは

webで読んでいただけるオリジナルストーリー

詩の朗読音楽など色々アップしています。

(絵画作品のwebギャラリーはこちらです)

 

どうぞごゆっくり楽しんでいってくださいませ。

 

よかったら個展にも遊びにきてくださいねー!

 

motocchi(もとっち)

 

全国個展ツアー

2016

「kokorono mamani」

東京 (Gallery & Studio Hi-condition)

「星まち停留所」

京都 (多次元ギャラリーキョロキョロ)

 

2017

「星まち停留所」

東京(JCA Gallery)

「Painter Song」

東京(Gallery & Studio Hi-condition)

 

2018

「ただいまマイセルフ・おかえりユアセルフ」

神戸(sowelu)

tour「天使の休日」

名古屋(meison sintenchi)→東京(JCA Gallery)→大阪(Nagai parkside Gallery)

 

2019

tour「AIWOKA ISLAND STORY」

沖縄(Le Pote)→東京(JCA Gallery)→名古屋→大阪(ミライエ Gallery)→横浜( Gallery athle)

tour「各駅停車ほうき星線」

東京(JCA Gallery)→大阪(ミライエ Gallery)

 

2020

tour「きっと大丈夫だよ〜ルーナと不思議な森の物語」

横浜( Gallery athle)→神戸(ギャラリーこふれ)→東京(JCA Gallery)

 

2021

extra tour「ルーナと不思議な森の物語」

沖縄(Cafe ポンチェ)→名古屋(ギャラリー書泉)

tour「ちいさな旅〜マーレと心の海〜」

東京(JCA Gallery)→大阪(ミライエ Gallery)→Next!

 

著作(オトナの絵本)

 

 

「こころのままに」(2015)

「星まち停留所」(2017)

「雨のち晴れ」(2018)

「天使の休日」(2019)

「きっと大丈夫」(2020)

「心のなかの地図」(2021)

 

BOOKS