かるた「の」

近道を探してあわてるより、遠回りだったとしても、歩む道で出会える風景をひとつひとつ楽しみたいなって思ってる。

 

山あり谷ありの、でこぼこ道だけれど。

 

その体験に価値があるから。

 

自分の足で歩いた道のりが、自分の存在の証明だから。

 

前の記事

1/365の詩

次の記事

かるた「ま」