toggle
2017-05-20

びーとと魔法の帽子 (第4話)

星の魔法

びーとは帽子を、カオリちゃんのしっぽの先にのせて、いいました。

「だいじょうぶだよ。」

「ちょっとだけ、目をとじていてね。」

 

そしてすっと息をすって、空を見あげました。

 

(すーっ)

 

(くるんっ)

 

びーとは、星のつえを空にかざして、魔法のことばをとなえました。

「るんたったらりらりら。」

「るんたったらりらりら。」

「るんたったらりらりら。きらり。」

 

(ぎゅーんっ)

 

(ぐぐーんっ)

 

(しゅぽんっ!)

 

しましまの帽子は、カオリちゃんにぴったりの大きさになりました。

カオリちゃんのほほに、もう一度涙がこぼれました。

「とても、とても、うれしいわ。」

こんどのは、あったかい涙でした。

「わたし、しましまの帽子、似合ってるかしら?」

 

びーとはいいました。

「とてもお似合いですよ、おじょうさん。」

「ねえねえ、すきっぷして、くるくるまわって遊ぼうよ。」

ふたりは、つかれて眠くなるまで、指をならして、すきっぷして遊びました。

 

 

(おしまい)


RSS
 follow us in feedly
motocchi’s web store “ame nochi hale”
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です