toggle
2017-05-10

迷信をのりこえて

小さな損得に、わずらわされてしまうってことは、自分もよくあるよ。

見返りを求めてしまう心は、かっこ悪いけど、ゼロにはできなくて、忘れた頃にそれがふっと出てきたりする。

 

これだけ愛情をかけたんだから、もっと愛して欲しい、とか。
これだけ頑張ったんだから、もっと賞賛して欲しい、とか。
これだけ自分が気持ちを込めたんだから、もっと気持ちを返して欲しい、とか。

 

それはね、全然おかしな感情じゃない。人間だからさ。

でもね、その気持ちになった瞬間から、楽しくなくなるんだ。

 

大切な誰かを想う時、心が空を飛翔して自由になる、あの状態とは正反対の心になってしまうんだ。

自分の気持ちでがんじがらめになってしまう。

それは結局のところ、自分自身を苦しめる毒になる。

 

ある種の迷信なんだよ。価値は測れないんだから。
自分が考えている価値と、受け取ってくれた誰かが感じる価値は別だから。

与えた分だけ返して欲しいって気持ちの裏側には、価値は測れるっていう迷信が隠れてる。

全てのものに値札を貼って、お金に換算できるっていう現代のおとぎ話の一部なんだ。

 

でも、そんな気持ちいるかい?値札のついた気持ちを欲しいと思うかい?

 

 

一番大切なことは、見返りを求めないこと。

 

見返りを求めないこと。

 

それはとても難しいけど、大切なこと。

心から笑ったり、素直に泣いたり、そうなれるためのカギ。

誰かとあったかい気持ちを分かち合ったり、素晴らしい時間を迎えるためには、それが一番大切なことなんだ。

 

ほんとはもうすでに、それだけで幸せなことなんだよ。

今日を生きるチャンスを与えられてて、また明日を迎えられるってことは。

 

ほんとはもうすでに、それだけで幸せなことなんだよ。

大切な人がこの世界に存在してくれていて、その人の事を想えるって事は。

 

もしかしたら自分の期待していた通りにはいかないかもしれないけど、どんな結果になったとしても、見返りを求めない想いなら、それは自分自身にとって栄養になる。

 

愛するってことは、その主体にもちゃんとパワーをくれる。

与えているようで、与えられてる、むしろ愛することでハートが充電されている。

 

地球を回しているのは、実はそういうシンプルな法則なんだと思うんだ。

 

現代の迷信を乗り越えて、心の目で見たら、もっとシンプルなんだと思うんだ。

人と人との関係も、生きるってことも。きっとね。

 

と、まー、こんな風にかっこよく書いてきてしまったんですけど、

実際のところは、自分自身、毎日除夜の鐘をつきたいくらい、煩悩と格闘する日々です。

百八つじゃとても足りないくらい(笑)

 

でもね一つずつ、そういう心を縛っている気持ちを外して、自由になっていきたいんだ。

もっと素直に、自分らしく笑えるようにね。そう願ってる。

 

 

▶︎【過去記事】365分の1の物語

 

あなたの365分の1のストーリーが輝きますように。

 

 

 


RSS
 follow us in feedly
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください